フェレットのケージのおすすめ5選を紹介!【掃除しやすさ/大きさ/おしゃれ】

フェレットのケージのおすすめ5選を紹介!【掃除しやすさ/大きさ/おしゃれ】

フェレットのケージには、どのようなものがあるのでしょうか。フェレットはこまめな掃除が必要なので、掃除のしやすいものなどが良さそうですよね。スタイルや大きさも気になるところです。ここでは、フェレットのケージでおすすめの5選をご紹介していきます。

momokogo
ライター

momokogo

保護猫、捨て猫を中心に現在まで累計9匹の猫を飼ってきました。犬は、里親探しや散歩のボランティアをしていた経験があります。現在は、9kgの猫と一緒にダイエットに励む毎日です。

記事の目次

  1. 1.フェレットのケージの選び方
  2. 2.ケージの中に入れるもの
  3. 3.フェレットのケージのおすすめ5選
  4. 4.フェレットのケージのおすすめ5選の比較表
  5. 5.まとめ

フェレットのケージの選び方

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

フェレットのケージもいろいろな種類があるのです。見てるだけで楽しくなりますね!

フェレットケージにはどのようなものがあるのでしょうか。フェレットはうさぎのように、木製の小屋で飼うイメージがありますが、ケージを噛むことがあるため、やはりステンレス製のものが良さそうですよね。

フェレットが快適に過ごせるような、良いケージを選びたいとは思うけど、どのようなところに気をつけて選べば良いかなかなか分からないですよね。ここでは、フェレットのケージの選び方を、項目ごとに解説していきます。

入り口が大きい

トイレのしつけをしっかりと行うために、フェレットには大きなトイレが必要だといわれています。そうなるとケージの中には大きめのトイレを設置することになりますので、必然的に入り口が大きなタイプのものが好ましくなります。

入り口が大きいと、中の掃除もしやすいですよね。ケージを選ぶポイントとして、入り口の広さは重要です。

床の設置面が広い

フェレットは、基本的に地面での生活が主になります。ゲージは猫のように縦の広さは必要がなく、横に広い方がフェレットにとっては快適なのですね。床の設置面が広いと、フェレットが窮屈さを感じないだけでなく、トイレも設置しやすくなるという利点もあるのです。

また、床の設置面が広いと安定感が増しますので、中でフェレットが暴れてもゲージが倒れたり動いてしまうことを防げます。

網目が狭くて縦長

網目の間隔は、なるべく狭いものをおすすめします。網目が広いと、間をするりと抜けて脱走してしまう可能性があるからです。洗うとよく分かりますが、フェレットの体はとても細いので、入れそうもない隙間に入ってしまうこともあるようです。

また、網目が横に広いと、手足を引っ掛けてしまい、怪我をする可能性があると言われています。網目は縦に長いものを選ぶのもポイントですね。

網目に弾力性がある

フェレットは、ケージの中でも激しく動き回ることがあります。ケージの網目に思い切りぶつかる時もあるので、網目に弾力性がないと、フェレットが怪我をしてしまう可能性があると言われています。

網目には、ある程度の弾力性があるものを選ぶことも、ケージを選ぶときの大きなポイントです。柔らかすぎず硬すぎないものを選ぶために、店頭で買う場合はケージの網目を触ってチェックしてみてくださいね。

ケージの中に入れるもの

ケージの選び方もフェレットならではのポイントがあるのですね。では、フェレットを飼う場合、ケージの中には何が必要なのでしょうか。ここでは、ケージの中に入れるフェレットの必需品について解説していきます。

トイレ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

フェレットは、隅っこで排泄をするという習性があります。その習性を活かしていけば、トイレを覚えてくれるのも意外と簡単のようです。

ケージの中に入れるトイレは、四角い形で奥行きがあり、高さもあると安心して排泄ができるようです。三角のトイレより、四角いトイレの方がフェレットは好む傾向にあると言われています。

ちなみにトイレの砂ですが、フェレットが誤って砂を飲み込むこともあるので、固まらないタイプのものを選ぶようにしましょう。

ご飯皿、水入れ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

フェレットは、1日何回も水を飲む生き物です。ボトルタイプの給水器が必要になってきますね。

ご飯皿と水入れもケージの中には入れる必需品です。ご飯皿は、陶器製のもので、ひっくり返りにくいものがおすすめです。直径10cmくらいで、フェレットが食べやすい深さのお皿を用意してあげましょう。

水入れですが、フェレットは1日に何回も水を飲む動物です。このことから、猫や犬のように水を容器に入れておくのではなく、ボトル型の給水器を設置すると良いでしょう。

ハンモック

フェレットには、丸くなって眠れる場所が必要です。中でも、ハンモックのような場所が大好きだと言われています。

同じハンモックでも、高齢のフェレットや療養中のフェレットは床に置くタイプの寝袋かベッドタイプのものが良いでしょう。若いフェレットは、少し高めのところに、ハンモックを引っ掛けるようにして設置すると良いでしょう。

床に敷く布

床にも布を敷いてあげると、フェレットが滑りにくくなるので、用意してあげると良いでしょう。また、布が臭いを吸収してくれるので、布を敷くことで臭いを抑える効果も期待できます。布の素材は、脂分や汚れを吸着しやすい柔らかな綿生地が良いようです。

フェレットのケージのおすすめ5選

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

フェレットのケージは、フェレットが快適に過ごせるために考えられているものや、飼い主さんが世話をしやすいものを選びたいですよね。ここでは、フェレットのケージについて、おすすめの5選を紹介していきます。

フェレットのケージおすすめ①

SANKO ワイルドホーム フェレット

参考価格: 10,791円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon10,791円

床面積が広く、とても安定感があるフェレットケージです。中が広いので、トイレも置きやすく、掃除がとてもしやすいのが特徴です。

重量5.7kg
掃除のしやすさとてもしやすい
大きさ82×51×53cm

フェレットのケージおすすめ②

マルカン フェレットのリビングルームキット チャコール MR-698 ハンモック、トイレ、リラックストレイ付 フェレット ケージ ゲージ

参考価格: 8,264円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天8,264円

床面積が広く、お掃除がとてもしやすい、人気でおすすめのケージです。中にハンモックやトイレもあり、大変お得です。

重量6.5kg
掃除のしやすさしやすい
大きさW690×D445×H650mm

フェレットのケージおすすめ③

SANKO イージーホームフェレット80

参考価格: 12,535円

出典: Amazon
Amazon12,535円

入り口も床面積もとても広いので、お掃除がらくらくなおすすめのフェレットケージです。キャスターが付いているので、移動が楽にできるのが特徴です。

重量8kg
掃除のしやすさとてもしやすい
大きさ81×50.5×58cm

フェレットのケージおすすめ④

Ferplast(ファープラスト) フェレットエキストララージ 【フェレット ハウス ケージ おしゃれ】

参考価格: 32,340円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天32,340円

中に、ハンモックやトンネルなど、フェレットが楽しんで遊べるようになっている、おしゃれなタイプのケージです。見た目はおしゃれなのですが、若干掃除がしにくいのが難点です。

重量1.2kg
掃除のしやすさややしにくい
大きさW75×D80×H86.5cm

フェレットのケージおすすめ⑤

GB 3200-F フェレット W ホワイト

参考価格: 19,800円

出典: Amazon
Amazon19,800円

広さが十分にある、窮屈感のないフェレットの小屋です。床面積がとても広いので、フェレットがのびのびと過ごせそうですね。頑丈な分、重さがあるので移動が大変かもしれません。

重量16.3kg
掃除のしやすさしやすい
大きさ105×56×74cm

フェレットのケージのおすすめ5選の比較表

スクロールできます

商品
商品名SANKO ワイルドホーム フェレットマルカン フェレットのリビングルームキット チャコール MR-698 ハンモック、トイレ、リラックストレイ付 フェレット ケージ ゲージSANKO イージーホームフェレット80Ferplast(ファープラスト) フェレットエキストララージ 【フェレット ハウス ケージ おしゃれ】GB 3200-F フェレット W ホワイト
価格10,791円8,264円12,535円32,340円19,800円
重量5.7kg6.5kg8kg1.2kg16.3kg
掃除のしやすさとてもしやすいしやすいとてもしやすいややしにくいしやすい
大きさ82×51×53cmW690×D445×H650mm81×50.5×58cmW75×D80×H86.5cm105×56×74cm
商品リンク

まとめ

Photo byursulacatenazzi0

フェレットはいつでもどこでも、飼い主さんのことが大好き

フェレットのケージにもいろいろなタイプのものがあるのですね。環境は寿命にも影響しますので、住みやすいケージで是非とも長生きをしてほしいものです。

生き物を飼うときは、まずは生態や習性を知ることが大切になってきます。生態や習性を知ることで、どのような環境だとストレスがないかが自ずと分かってくるでしょう。

これからも、愛らしいフェレットに癒されながら、楽しい毎日を過ごしてくださいね!

関連記事