スマトラと混泳できる熱帯魚は?スマトラの寿命や種類・餌・繁殖についてご紹介!

スマトラと混泳できる熱帯魚は?スマトラの寿命や種類・餌・繁殖についてご紹介!

シマシマ模様にひし形の体が特徴的な熱帯魚、スマトラ。熱帯魚らしい華やかな見た目とその丈夫さから人気の高いスマトラですが、飼育するにあたってはどんなことに注意すれば良いのでしょうか。スマトラの性格や寿命をはじめ、必要な飼育環境や餌についても解説します。

スマトラってどんな熱帯魚なの?

スマトラの群れ

飼いやすくて初心者にもおすすめだけど、ちょっと荒っぽい性格なのがスマトラという熱帯魚です。

性格

スマトラはとても気性が荒いことで有名な熱帯魚です。相手の大きさに関係なく、ヒレをかじりに行く性質があります。

同種同士でも争うことがありますが、群泳させるとそのリスクを大きく減らすことができます。その気性の荒さから別名「タイガーバルブ」とも呼ばれています。

特徴

スマトラはインドネシアのスマトラ島、ボルネオ島原産のコイの仲間です。体高のあるひし形の体、縦に4本走る黒いバンド(シマシマ)が特徴です。体長は最大で6~7cm程になります。

とても活発で水槽の中を所せましと動きまわること、初心者に最適だと言われるほど飼育しやすいことも大きな特徴です。

種類

色鉛筆で書いたクエスチョン

スマトラにはどんな種類があるのでしょうか?

スマトラはカラーバリエーションが豊富であり、基本のスマトラをあわせて3つの種類があります。

スマトラ

熱帯魚店やペットショップで良く販売されている、ポピュラーなスマトラです。

特徴はなんといっても4本の黒いシマシマと赤く縁どられたヒレです。群泳させるとより美しさが際立ちます。

グリーンスマトラ

全身が暗い緑色でヒレが赤く、黒いシマシマがないスマトラです。

ポピュラーなスマトラと比べると派手さは薄めですが、その深い色合いはまた違った魅力があります。

アルビノスマトラ

黒いシマシマが白くなっているスマトラです。白スマトラとも呼ばれることも多いようです。

白く美しいアルビノスマトラですが、気性の荒さは普通のスマトラと変わらないことに注意しましょう。

寿命

スマトラの寿命は3~5年です。

熱帯魚初心者でも、群泳させても長生きさせやすいのは大きな魅力ですね。

スマトラと混泳できる熱帯魚は?

スマトラは気性が荒く、熱帯魚の中でも特に混泳に気を使う必要がある代表種と言われています。

混泳できる熱帯魚

  • スマトラ
  • バルブ
  • ゼブラダニオ
  • 中型以上のプレコ
  • クラウンローチ など

同種同士でもケンカを始めることがあるスマトラですが、ヒレが短くて体がスマトラより大きく、活発に動く熱帯魚であれば混泳することができます。

混泳をさせる時は水草を多めに入れる、あるいは土管やハウスなどのオブジェを入れるなど隠れ場所になるところを用意することをおすすめします。

ただし混泳ができるかどうかは個体差が大きく、どんな熱帯魚とも混泳できる個体もいれば逆に一切混泳ができない個体もいます。

混泳に向かない熱帯魚

  • エンゼルフィッシュ
  • ミナミヌマエビ
  • グッピー など

ヒレが長い熱帯魚やスマトラより体が小さく、動きが鈍い熱帯魚はスマトラとの混泳に向きません。

スマトラは長くてひらひら動くものをつつく習性があるため、これらの熱帯魚を追いかけてボロボロにしてしまう可能性があります。

スマトラの飼育について

スマトラの飼育について餌や水槽をご紹介していきます。

スマトラはコイの仲間であり、コイが食べるものはなんでも食べます。非常に食欲が旺盛で餌を与えれば与えただけ食べてしまうため、与えすぎないように気をつけましょう。

小型魚用フード(乾燥飼料・人工飼料)

特にえり好みはしないため、小型の熱帯魚用フードを与えましょう。

形状についてもこだわらないため、フレーク状のものでも粒状のものでも構いません。種類がたくさんあって迷ってしまいますが、入手しやすさを重視して選ぶのもおすすめです。

Original

aquarium fish food series 「ff num03」 小型魚用フード 40ml

生き餌

イトメやアカムシなどの生き餌も大好物です。

生き餌は傷みやすく管理が大変なことから、冷凍品や乾燥品を使うのもおすすめです。

Original

ヒカリ (Hikari) 乾燥 赤虫 5g

水槽

スマトラの水槽に適する温度は20~28℃、水質は弱酸性~中性です。

丈夫な熱帯魚なのであまり温度や水質にはこだわりませんが、冬場はヒーターを入れてください。

水替えは1~2週間に1度、水槽の水を1/4~1/3程変えれば十分です。どちらかと言えば少し古い酸性寄りの水の方が生き生きと過ごせます。

スマトラの産卵しやすい環境と繁殖の条件

ウィローモス

産卵させたい場合はスマトラに環境を整えてあげましょう。

スマトラが産卵しやすい環境

スマトラは比較的産卵させやすい熱帯魚です。水槽の環境は特に変えず、いつも通りで構いません。

群泳させておくとより繁殖しやすいと言われていますが、オスとメスのペアを同じ水槽に入れておくだけで自然に繁殖します。

産卵する条件は水草があること

スマトラは水草(ウィローモスなど)に卵を産み付ける性質があるため、繁殖させたい場合は必ず産卵床となるものを入れるようにしましょう。

発情したオスは通常より気性が荒くなり、水草をつついてぼろぼろにしてしまうことがあります。水草は少し多めに入れておくと良いでしょう。

繁殖させる時の注意点

スマトラは卵を見つけると、それが自分が産んだものであっても気にせず食べてしまいます。産卵を確認した時は、卵か親をすぐに別の水槽に移動させるようにしてください。

スマトラの稚魚の餌

スマトラの稚魚にはブラインシュリンプやイトミミズを細かく刻んだものを与えましょう。

ブラインシュリンプは卵と冷凍品があり、卵の場合は孵化させてから与える必要があります。ひと手間かかりますが、栄養満点で価格も安いため稚魚の餌にぴったりです。

Original

テトラ (Tetra) ブラインシュリンプエッグス 20cc

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう