チンチラのケージのおすすめ5選と選び方のポイントをご紹介!

チンチラのケージのおすすめ5選と選び方のポイントをご紹介!

チンチラを飼おうとしているみなさん、備品を揃えるとき、ケージをどれにしたらいいか迷いませんか?チンチラのケージといってもさまざまな種類がありますよね。チンチラが1日の大半を過ごす場所ですから、しっかりと選んであげたいもの。どんな基準で選んだらいいのでしょうか?

渡木駿介
ライター

渡木駿介

トリマー歴6年目で、現在店長を務めております。 今までの自分の経験、知識を活かして、 皆さんのお役に立てるような記事を書けたらと思っています! また、自分自身の復習、今後のための勉強にもなったらと思っています。 よろしくお願いします。

記事の目次

  1. 1.チンチラにとってケージとは?
  2. 2.チンチラのケージの選び方
  3. 3.チンチラのケージのおすすめ5選
  4. 4.チンチラのケージのおすすめ5選の比較表
  5. 5.チンチラに猫用ケージは代用可能?
  6. 6.まとめ

チンチラにとってケージとは?

Photo by Justin Qian

チンチラにとって、ケージとはどんなものなんでしょうか?

人間で言えば、家と同じです。1日の大半を過ごし、ご飯を食べ、トイレをしたり、遊んだりします。寝たり休んだりして、リラックスすることもありますね。

私たち人間にとって、家がくつろぎの場であるように、チンチラにとっても生活する中で重要なものなのです。小さな体のチンチラにとって、寿命を左右すると言っても過言ではありません。

愛するチンチラが、安全に、快適に、安心して過ごせるようなケージ選びをしてあげましょう。

チンチラのケージの選び方

Photo bybenjamingross83

チンチラ用のケージを選ぶとき、ポイントがいくつかあります。

  • サイズ
  • 素材
  • 隙間の感覚
  • 扱いやすさ
です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Photo byFree-Photos

サイズ

チンチラは、走り回ったり飛び跳ねたりする動物です。運動不足はストレスが溜まる原因にもなりますので、広めで高さがあるケージを選ぶようにしましょう。

ただ、ベビーの時から高さがあるケージで過ごすと、高さに慣れておらず落下の危険もありますので、最初は低いケージ、成長してきたら高さのあるケージに引越しすると、ケガのリスクを抑えることができます。

また、回し車や巣箱、砂浴び場などもケージの中に設置しなければならないため、狭いケージでは身動きが取れなくなってしまいます。

理想の大きさは、幅80cm前後、奥行き50cm前後、高さ100cm前後のものです。小動物にしては大型のケージが必要になります。もし広さを確保できない場合は、高さを重視して選んであげるといいでしょう。

素材

ケージの素材を選ぶときに重視するポイントは

  • 齧られても耐えられるか
  • 通気性は良いか
の2点です。

齧られても大丈夫な素材

チンチラが齧っても大丈夫で、サビに強い素材。それは無塗装のステンレスです。

ただ、ステンレスは値段も高くなってしまいますので、手が届かない場合もあると思います。その場合は、メッキ加工のされたものを選びましょう。ビニール被膜や、樹脂塗装のものは、齧った時に剥がれてしまい、チンチラに悪影響になることがあります。

通気性の良さ

通気性の良さで選ぶとすれば、やはり金網タイプのものでしょう。似たような小動物でハムスターがいますが、ハムスターは衣装ケースや熱帯魚用の水槽で飼育している人もいます。しかし、それでは通気性が全く良くありません。

チンチラは本来、アンデス山脈という乾燥した地域で暮らしている動物です。ほとんど湿気がありません。日本とは真逆のような場所で暮らしているので、通気性を良くして、湿気のない生活環境を整えてあげましょう。

隙間の感覚

先程、通気性の良さで選ぶと金網のケージがオススメ、と書きましたが、金網のケージを選ぶ際に注意していただきたいことがあります。それは、「隙間の間隔」です。

1.5cm×1.5cmくらいの隙間のケージが理想です。不適切な隙間のケージで飼育すると、足を引っかけて骨折してしまったり、首が抜けなくなったりする事故につながりかねません。最悪の場合、死亡してしまうこともあります。特に、床部分の金網は要チェック。

もし金網の隙間の大きさが心配な場合は
、細かい隙間の金網を、別で追加するなどの対処をしておくと良いでしょう。

金網と受け皿の隙間

金網の隙間の間隔にはもちろん注意しなければならないのですが、意外と見落としがちなのが金網と受け皿の隙間です。

ケージは、金網の柵をプラスチックなどの受け皿に乗せて固定しているものが多くあります。その受け皿と金網の間も、隙間があり、そこに足を挟んでしまうことがあるのです。

金網の隙間以外の部分も、しっかり見ておきましょう。

扱いやすさ

最後のポイントは、飼い主さん目線のポイントです。ここで言う扱いやすさとは

  • 掃除はしやすいか
  • 出入り口の広さは十分か
  • 天井は開くか
  • 拡大、追加パーツなどがあるか
などを指します。
チンチラがストレスなく快適に過ごすためには、飼い主さんの掃除がかかせません。取り扱いやすいケージでないと、掃除もしづらくなってしまいますので、重要なポイントといえるでしょう。

チンチラのケージのおすすめ5選

Photo bybenjamingross83

SANKO イージーホーム 40 ハイ

SANKO イージーホーム40 ハイ

参考価格: 7,298円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon7,680円
楽天7,298円

こちらは小さめのケージです。床の金網の隙間の大きさは1cm×2cm。受け皿は引き出し式になっているので、掃除もかんたんにす簡単にできます。

スペースに余裕があれば、もう少し大きめのケージがいいかもしれません。

サイズ幅×奥行き×高さ:435×500×620
材質スチール、プラスチック

SANKO イージーホーム 80 ハイ

SANKO イージーホーム 80ハイ

参考価格: 14,900円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon15,478円
楽天14,900円

先ほどの40ハイと同じシリーズで、幅が倍のものになります。
受け皿は左右分割で、さらに掃除がしやすくなりました。
高さも約80cmと余裕があります。

サイズ幅×奥行き×高さ:810×505×840
材質スチール、プラスチック

SANKO イージーホーム ハイ・メッシュ

SANKO イージーホーム ハイ・メッシュ

参考価格: 11,500円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon11,990円
楽天11,500円

こちらもイージーホームシリーズ。幅は60cmほどに収まっていますが、高さが80 ハイと同じくらいあります。スペースが少なくても、高さがあるので、上下運動ができますね。また、キャスターが付いているので、移動もしやすくなっています。

サイズ幅×奥行き×高さ:620×505×780
材質スチール、プラスチック

ジェックス アクリルルーム 390 High

ジェックス アクリルルーム390High 小動物用ケージ フクロモモンガ

参考価格: 18,016円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon18,016円
楽天22,542円

こちらは高さが約70cmと、高めに設定されています。チンチラの上下運動にぴったり。また、前面がアクリルになっているので、金網のものよりも様子が見えやすくなっています。

サイズ幅×奥行き×高さ:400×330×710
材質アクリル、スチールなど

ホーエイ 35快適ロングハウス

ホーエイ 35快適ロングハウス

参考価格: 8,356円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon8,356円

こちらは高さが94cmと、今まで紹介してきたケージの中でも1番高く設定されています。幅と高さは40cm前後なので、スペースも取りません。床面の金網が細長い隙間になっているので、金網の追加が必要です。

サイズ幅×奥行き×高さ:370×415×940
材質スチール、プラスチック

チンチラのケージのおすすめ5選の比較表

スクロールできます

商品
商品名SANKO イージーホーム40 ハイSANKO イージーホーム 80ハイSANKO イージーホーム ハイ・メッシュジェックス アクリルルーム390High 小動物用ケージ フクロモモンガホーエイ 35快適ロングハウス
価格7,298円14,900円11,500円18,016円8,356円
大きさ小さめ大きめやや大きめやや小さめ大きめ
商品リンク

チンチラに猫用ケージは代用可能?

Photo byDaga_Roszkowska

チンチラのケージを、インターネットで検索していると、猫用のケージが出てくることがあります。広さもあり、高さもあるので、チンチラのケージに使えそう、と思う方もいるかもしれません。

しかし、猫用のケージをチンチラの飼育に代用するのは非常に危険です。

猫用のケージは、チンチラ用よりも金網の隙間が大きくできています。たまに、猫用のケージを代用している方を見かけますが、すでに大きく成長していて、金網の隙間を通り抜けられないサイズになっていることが確認できているから、代用できるのです。

これからチンチラを飼育しようとしている方は、その子が噛み癖がないか、金網を通り抜けようとしないか、などの習性が、まだわからないと思います。また、体も小さいので通り抜けやすいので、逃走の危険があります。もし代用する場合は、隙間の小さな金網を、側面から床面まで全ての面に必ず追加するようにしてください。

これからベビーのチンチラを飼育しようとしている方は、チンチラ用の金網の隙間が小さいものを選ぶようにしましょう。

まとめ

Photo bywebandi

チンチラ用のケージ紹介、いかがでしたか?幅が広めのものから高さがあるもの、金網のケージやアクリル面のあるケージなど、種類はさまざまです。

チンチラ自体は飛び跳ねることが得意で、上下運動のしやすいケージが適していますが、走り回ることが好きな子もいるかもしれません。その場合は高さよりも幅が広いものを選んであげるなど、その子その子に合ったケージ選びをしてあげましょう。

ケージは1日の大半を過ごす場所。正しいケージ選びは、チンチラがリラックスして過ごせることだけでなく、悲惨な事故を未然に防ぐことにも繋がることを覚えておきましょう。

関連記事