亀を英語で何と言う?タートルとトータスの意味の違いとは?

亀を英語で何と言う?タートルとトータスの意味の違いとは?

英語で【亀】を調べると、【Turtle】と【Tortoise】の2つの英語が出てきます。どちらも同じ【亀】ですが、発音や意味が違うのです。それでは、どのような違いを持つのでしょうか。ここでは、TurtleとTortoiseの違いを紹介します。

亀を英語で何と言う?

Photo byCapri23auto

長寿象徴でもある【亀】英語にするとこんな違いがあるのです。

亀を英語で言うと、【Turtle】と【Tortoise】の2種類があること知っていますか?もちろん、どちらも日本語にすれば【亀】という意味になり、辞書で調べても同じように【亀】となるのですが、同じ亀でも英語表記にすると以下のように読み方や意味に違いがあるのです。

Turtle

Turtleはタートルと発音します。英語の定義では、亀全般をタートルと言います。

Tortoise

Tortoiseは、トータスと発音します。亀全般のことをタートルというと説明しましたが、そのうちりリクガメのことをトータスと呼びます。

亀の英語TurtleとTortoise意味の違い

Photo byRGY23

確かに、日本語で亀といっても、ミズガメとリクガメがいるため、違いがあるのは当然なのかもしれません。

ここでは、タートルとトータスがどのような意味の違いを持つのか説明していきます。

Turtle(読み方:タートル)

亀は、基本的に水中に生息する生き物です。産卵時期になると水中から地上に上がり産卵をしますが、産卵が終わるとまた水中に戻っていってしまいます。

つまり、ミズガメであるタートルは水中で生活をする亀のことを意味しているのです。

Tortoise(読み方:トータス)

リクガメという意味を持つトータスですが、水中で生活をするタートルと異なり、トータスは泳ぐことができないために陸上にて生活をします。

ちなみに、日本には【鶴は千年 亀は万年】ということわざがあります。このことわざを英語表記にすると、【The cane and the tortoise are emblems of logevity】となり、この場合の亀は、Tortoiseなので、トータスと発音し、リクガメのことを意味しているのが分かります。

英語の亀の違いを知ろう

Photo byPexels

同じ亀でも、ミズガメとリクガメにはこんなに違いがあったなんて驚きですね!

ミズガメとリクガメと言っても、どの亀のことを言うのか分かりずらいですよね。ここでは、Turtle(ミズガメ)Tortoise(リクガメ)には一体どんな種類がいるのか。違いとともに紹介していきます。

Turtle(読み方:タートル)

まん丸い甲羅が特徴のリクガメです。動物園などでも見かけることがあるのではないでしょうか。

泳ぐことができないリクガメは、基本的に陸上にて生活をしています。
体は、丸いドーム型をしたとても硬い甲羅を持っており、外敵から身を守る役割を担っています。
また、硬くて短い足を持ち、穴を掘りやすくするため長い爪を持っています。

リクガメは、ウミガメと違い草食動物なので、植物・果物・草や花を食べて生活をします。中には、200種類の植物を食べるリクガメがいるというから驚きです。

そんなリクガメですが、更に驚きなのが寿命です。平均80歳と言われているリクガメですが、生活する環境(食・住)が整っていれば、100歳以上生きることも珍しくないそうです。

ちなみに、政界最長寿のリクガメは、セントヘレナ島に住んでいる【ジョナサン】というアルダブラゾウガメで、年齢はなんと183歳だそうです!

Tortoise(読み方:トータス)

海の中を優雅に泳ぐウミガメは、幸せの象徴でもあります!

ミズガメと言ったら、ウミガメが1番有名ではないでしょうか。水中での生活がメインのウミガメは、水中を効率よく泳げるよう甲羅が少し平べったい流線型をしています。

また、ヒレと水かき(足にある)を使用して優雅に水中を泳ぐだけでなく、長い爪も持っているため、産卵時に陸に上がる時に役立ちます。

ちなみに、雑食動物であるウミガメは小魚・くらげなどを食べて生活をし、平均寿命は60~70歳程だそうです。しかし、生殖可能になる年齢が50歳ということには驚きです。いかに個体が貴重にされているかが分かります。

亀を英語にした時のまとめ

Photo by53084

ちなみに、縁日や日本でおなじみのミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)は、陸でも水中でも生活ができる半水棲種と呼ばれるそうです。

このように、亀には【Turtle】と【Tortoise】の2つの発音と意味を持つことが分かりました。どちらも同じ亀には変わりありませんが、【ミズガメ】か【リクガメ】のどちらかをはっきりさせたい場合は、きちんと使い分けることが大切ですね。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking

記事はありません。