フレンチブルドッグの性格丸わかり!【忍耐強い?/利口?/凶暴?】

フレンチブルドッグの性格丸わかり!【忍耐強い?/利口?/凶暴?】

鼻ペチャ好きにはたまらないフレンチブルドッグですが、どのような性格をした犬なのかご存知でしょうか?フレンチブルドッグはしぐさが人間のようで憎めない可愛らしさからファンが多い犬種です。フレンチブルドッグとはどのような性格をした犬なのか紹介します。

堀江
ライター

堀江

記事の目次

  1. 1.フレンチブルドッグの一般的な性格
  2. 2.フレンチブルドッグの性格の長所・短所
  3. 3.フレンチブルドッグを飼うのに向いている人・向いていない人
  4. 4.フレンチブルドッグの性格Q&A
  5. 5.まとめ

フレンチブルドッグの一般的な性格

Photo byMylene2401

フレンチブルドッグの原産国はフランス、大きさは中型犬に属します。
毛色はブリンドル(黒)、パイド(ぶち模様)、クリーム、フォーンの4種類です。

フレンチブルドッグは攻撃性のしつけをしっかりとおこなっていれば人にも懐きやすく比較的飼育しやすい犬種です。
フレンチブルドッグはどのような性格をしているのか詳しく紹介します。

甘えん坊

フレンチブルドッグは飼い主大好きの甘えん坊です。
いびきやおなら、座り方などしぐさが人間のようなので子供が一人増えたような印象を与えてくれる犬種です。

愛情表現が豊かで飼い主がすぐに分かるくらい感情をよく出してくれます。
普段は自分の寝床があっても、そこには寝ずにさりげなく体の一部を飼い主につけてのんびりしていることも多いでしょう。

寂しがりや

フレンチブルドッグは寂しがりやなのでお留守番がとても苦手です。寂しさから留守番中に室内でいたずらをしてしまうこともあるでしょう。誤飲をしないように留守番させる場合は、しっかりと片付けておく、またはハウスに入れて留守番させると安心です。

留守番時のみのハウスの場合は警戒し、ハウスと嫌がることがありますので、普段から休める環境として落ち着く場所に常に設置して置いてあげると安心して留守番していることができるでしょう。

子犬の頃から留守番トレーニングをしておくと成犬になってからお互いに安心してお留守番、お出掛けできます。

遊び好き

フレンチブルドッグは遊び好きで見た目からは想像できないほどの身のこなしをすることがあります。遊び好きな犬種ではありますが、運動を多く必要とする犬種ではありません。

過度な運動は足腰を痛める原因になりますので、長時間激しい運動はさせず、様子をみながら遊ばせるようにすることが大切です。フレンチブルドッグの体に無理がないように管理してあげましょう。

フレンチブルドッグの性格の長所・短所

Photo byMylene2401

フレンチブルドッグの性格にも好かれるポイントやしつけを念入りにおこなっておかないとならないポイントがあります。
それぞれどのようなものが該当するのかを紹介します。

長所

フレンチブルドッグの好かれる性格のポイントとしては、陽気で遊び好きで人懐こい面です。

初対面の人にも慣れやすく、犬友達を作るもの得意です。好奇心旺盛で自分から近づいていきますが、相手が喧嘩を開始した場合は乗ってしまうことがありますので、初対面の犬に対しては相性を確認し、問題ないようでしたら遊ばせるようにしましょう。

新入りに対しても優しく子犬であればすぐに受け入れることでしょう。個体差はありますので新しく犬を迎える場合は、ゆっくりと慣らしていってあげてください。

短所

短所としてはわがままな面があることです。

子犬のころから飼い主がリーダーシップをとって上下関係ができていれば問題ありませんが、それが出来ていない場合は、わがままからの攻撃性や吠えがでる可能性があります。

フレンチブルドッグのあごの力は強く噛まれると大怪我になる可能性もありますので、成犬になっても飼い主の指示に従えるように上下関係はしっかりと作っておきましょう。

人懐こい性格であるフレンチブルドッグですが、個体によっては人間が苦手で他人へ攻撃性のある場合があります。
人間に対して嫌な印象や恐怖心がある場合がありますので、子犬の頃から社会化を念入りに行い、成犬になってから恐いと感じる対象を少なくしていってあげることで防ぐことができます。

子犬の頃から様々な経験をさせてあげましょう。

フレンチブルドッグを飼うのに向いている人・向いていない人

Photo byGLady

フレンチブルドッグを飼いたいと悩んでいる方も多いと思いますが、フレンチブルドッグの性格や特徴から飼育に向いていない方もいます。

飼育前にフレンチブルドッグを飼育するのに問題がないか確認してみてください。

向いている人

フレンチブルドッグを飼育するのに向いている人としては、毎日ケアの時間がとれる、しつけができるもしくはドッグトレーナーなどに相談することができる人です。

フレンチブルドッグは皮膚が弱くデリケートなため、ブラッシングはとくには必要ありませんが毎日濡れタオルで拭き清潔に保ってあげる必要があります。
また、足腰にも負担がかかりやすい犬種なので床に滑り止めをつけるなど飼育環境にも配慮してあげてください。

フレンチブルドッグは攻撃性は少ないですが、噛みつきなどの問題行動が出た場合は修正しにくい犬種です。
噛みつきなどの問題行動が出ないように子犬の頃からしつけをおこなうことができると安心です。

自分では難しい場合はドッグトレーナーなどに相談してみるのがおすすめです。

向いていない人

向いていない人としては、ケアやしつけの時間がとれない、また接する時間が少ない人です。

フレンチブルドッグは飼い主と触れ合うのが好きで甘えん坊な犬種です。
ふれあいの時間がないとストレスを感じてしまうことがあります。

表情の豊かなフレンチブルドッグなので何をしたいのか非常に分かりやすい犬種です。
たくさん触れ合ってあげましょう。

フレンチブルドッグの性格Q&A

Photo bySabine18

フレンチブルドッグの飼育を考えているけど不安を感じていることの多いフレンチブルドッグの性格について多くの方が疑問に思っていることを解説します。

オス・メスで性格は異なる?

フレンチブルドッグは基本的には人懐こく遊び好きな犬種ですが、オスとメスで性格の傾向があります。

オスはメスに比べて闘争心があり、相手が喧嘩を開始すると乗ってしまうことがあります。初対面の犬とはよく相性を確認し、怪我を防ぎましょう。

メスは比較的穏やかで忍耐強さがあります。
人馴れもオスよりしやすく飼育のしやすさがオスに比べて高いです。

多頭飼いに向いている?

Photo bymakunin

寂しがりやな性格の犬種なので、一緒に生活している犬がいると安心して生活することができるでしょう。

多頭飼いも可能な犬種ですが先住犬に吠えがあるとつられて吠えることがあります。
吠えを抑えたいのであれば先住犬の吠えの問題を解決してから迎え入れることが大切です。

フレンチブルドッグは鋭敏な神経をしていて、小さな音などにも反応し、吠えることがありますのでしつけの際には注意しましょう。

まとめ

Photo byMylene2401

ここまでフレンチブルドッグの性格や特徴について説明してきましたがいかがでしょうか?

フレンチブルドッグは人馴れしやすく遊び好きですが、吠えの問題がでやすい犬種なので注意して飼育するようにしましょう。

フレンチブルドッグの性格を理解し、楽しく生活できるように環境を整えてあげてください。

関連記事